インターネット何でも屋「いし(石・意志・遺志)」のYahoo!知恵袋の知恵ノート過去ログ Wiki
Advertisement

はじめに[]

スマートフォンの普及に伴い、MVNO(仮想移動体通信事業者)が雨後の筍のように出現しましたが、MVNOキャリアによって品質にバラつきがあります。

MNO(移動体通信事業者)系MVNO[]

移動体通信事業者系仮想移動体通信事業者には、ワイモバイルとUQモバイルがあります。

ワイモバイル[]

ワイモバイルはソフトバンクの社内カンパニーで、元々はイーモバイルをソフトバンクが買収して、連結子会社時代のイーモバイルとウィルコムを合併させました。その為、ウィルコムプラザがワイモバイルショップになった為、サポートもそこそこ充実しています。ちなみにワイモバイルも旧イーモバイルの回線をソフトバンクに提供しています。

UQモバイル[]

UQモバイルはauを運営するKDDIの子会社のUQコミュニケーションズが運営しており、auにはWiMAX回線を提供しています。サポート拠点がまだまだ少ないのが難点です。

MVNO専業事業者[]

専ら、MNOから回線を借りる事業者で、古くから日本通信があり、口コミで関西電力系列のmineoが流行っています。また、プロバイダー系列のMVNOもあります。ただ、回線品質にバラつきが多いのが難点です。特に、mineoは紹介キャンペーンコードを悪用したネズミ講まがいの宣伝が多く、違反報告をしまくって撃墜しました。また、MVNOによってはUIMカードのみの提供の場合もあります。格安端末とのセットもありますが、SIMロック解除済み端末かSIMフリー端末を別途用意する必要性もあります。

アフターサービスについては直営店や代理店が殆ど無く、量販店に丸投げなので期待できません。

まとめ[]

MNO系MVNOとMVNO専業事業者がありますが、安さだけでは無く、品質やアフターサービスにも重点を置くのが良いと思います。

関連項目[]

Advertisement