インターネット何でも屋「いし(石・意志・遺志)」のYahoo!知恵袋の知恵ノート過去ログ Wiki
Advertisement

セルフレームは殆どが俗称化していて、現在はセルロイドの代わりにアセテートが使われていて、純粋なセルロイドは生産が難しくてなかなか見つかりにくいかと思います。

セルロイドの場合は職人でも、発火性危険物な為、製作が難しく、
また、アセテートに比べて価格は非常に高くなりそうです。

参考に[]

セルロイド(Wikipediaより):https://ja.wikipedia.org/wiki/セルロイド

眼鏡(Wikipediaより)の素材による分類の項目も参考に:https://ja.wikipedia.org/wiki/眼鏡

あと、“セルロイド メガネ”で検索して、クラシックスタイルとして意外にあるみたいです。

ただ、生産が難しくて、少量限定生産で数量限定販売で、格安店でも1万円前後はするになるようです。

あとは、火気に近づけたり高温(例:車内放置)では燃えてしまうので注意が必要です。

セルロイド(Wikipediaより)[]

>1955年、セルロイド製品の火災事故が多発していた事を受けアメリカで可燃物質規制法が成立。これにより日本製のセルロイド玩具などは全てアメリカへ輸出できなくなった。またこの出来事を期に世界的にセルロイドの製造や消費が落ち込む事となった。

>20世紀の半ばまでは、食器の取っ手や万年筆の筒や眼鏡のフレーム、洋服の襟(カラー)やおもちゃ、飾り物などに広く利用されたセルロイドだが素材の顕著な可燃性が問題となり、アメリカから広まったセルロイド製品の市場からの排除運動が世界へ広まり、のちにそれらの製品の多くはアセテートやポリエチレンなど後発のすぐれた合成樹脂素材に取って代わられた。

眼鏡(Wikipediaより)[]

>セルフレーム

>かつてセルロイドで作られたことからこのように呼ばれるが、近年ではアセテート製のものが殆どである。顔の印象を大きく変えるファッション性が魅力だが、掛け心地の調整の余地が少ないのが欠点である(メタルフレームはヒーターの熱風を当てる―曲げたり伸ばしたり調整―水に漬け冷やして形状固定、が可能だが、セルフレームでは溶けてしまう)

某大手メガネチェーンのセルロイド製フレームの紹介より[]

>眼鏡の歴史上、もっとも古い素材のひとつ、「セルロイド」

>ニトロセルロースと樟脳などから合成される樹脂で、弾力性があり、衝撃にも強い特徴を持っています。加工性や着色性に優れており、これまでにもカラフルなセルロイドフレームが数多く生み出されてきました。しかし、紫外線や汗での変色、製造過程での取り扱いが難しい事など繊細な一面を持ち合わせているため全てが手作業となり、量産に向かずに現在はアセテート素材が主流となっています。昔から長い間セルロイドが使われていたため、今でもプラスチック製のメガネフレームを習慣的にセルフレームと呼ぶようになっています。

>「セルロイド」にしか出せない独特の色み、艶やかさ。

>セルロイドは天然素材であるがゆえ、原材料を長期間保管し十分に乾燥させる必要があるため、 現在主流の科学素材よりコストが高い素材です。その繊細さゆえ希少価値が高く、全ての工程を手作業で職人が加工するため フレームの量産が難しく高価な商品となっております。また、「セルロイド」にしか出せない独特の色みや艶やかさに、 根強いファンも多いと言われている素材です。

>繊細であるがゆえに、大切に一つ一つ作られていくセルロイドフレームには、持つ人に愛情やあたたかさを与え、

>そして、持つ人の歴史までも語ってくれる、人に触れるものならではの魅力があります。

セルロイド製のメガネは発火性が高いというけど燃えるとどうなる?より[]

*セルロイド製のメガネは発火性が高いというけど燃えるとどうなる?

>発火性が高いので注意といわれても、ちょっと溶けるだけなんじゃないかと思っていたのですが、ほんとに注意が必要なんだなということがわかりました。

>実際に「消防法第5類危険物」というものにセルロイドは指定されているようです。

>セルロイド製のメガネを使っている人は改めて注意しましょう!

>これから買ってみたいという人もご注意を!

Advertisement